読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

公務員になるための始めに読むべき本(神書)

f:id:ryhymm526:20170129180231j:plain

 

これを読めば公務員試験がすべてわかる・・・という神の書籍がこの世には存在します。

公務員試験業界という超ニッチな分野で絶大な評判がある書籍ですので、将来の職業に公務員を考えている人は是非読んでいただきたいですね。

 

それがこれ↓

https://www.amazon.co.jp/公務員試験受かる勉強法落ちる勉強法【2018年度版】-「合格への道」研究会/dp/4800310636/ref=zg_bs_500132_21

 

この本何がすごいのかというと、勉強方法と各科目ごとのおすすめの市販書籍が、かなり的確に紹介されています。各科目の得点の取りやすさについても研究されており、捨てるべき教科にも言及しております。

 

公務員試験を独学で勉強している変態の98%(注:私調べ)はこの神書を24時間持ち歩き、勉強の方法を勉強しています。

 

中には買ってはダメという酷評を受ける参考書が紹介されているのですが(良いものだけを紹介すれば良いのでは?!)、そういう本は本当にこの業界から消えています。なんと強気で恐ろしい予言書なんでしょうか・・・

 

もちろん純粋無垢を体現している私は、この神の書籍を文字通り穴があくまで熟読し、書かれている通りお勉強することにより政令市や国家2種など、受験した全ての試験をパスしました。無神論者の私も思わず神に感謝致しました。信じるものは救われるようです。

 

「就活めんどーい」「公務員とかいう楽な職業興味あるなー」と考えている一般大学生は是非手にとっていただきたいです。

 

はたして公務員は楽な職業であるのか?!という問題についてはまた書きます。