REALこうむいんのブログ

リアルこうむいんだよ

ケースワーカーは出世コース?!

f:id:kokokomu:20180821235507p:image

こんにちは。公務員ブロガーのあえんです。

今ちょうどドラマもやっているように、生活保護受給者を相手にする市の職員を「ケースワーカー」と呼びます。

 

そもそも生活保護とは憲法25条の理念に基づき、国や自治体が「健康で文化的な最低限度の生活」を保障しつつ、自立を促す制度のことだ。年齢や健康状態、困窮の程度などで毎月の保護費が決まる。

希望者は地域の自治体が設置した福祉事務所に申請する。その際、面接対応や受給後の家庭訪問など、行政で生活保護全般を担当する職員を一般に「ケースワーカー(CW)」と呼ぶ。

 

ケースワーカーとはどんな仕事?

簡単に言うと生活保護を受けれるかどうかを判断し、また生活保護受給者の現状について管理をする仕事です。

 

生活保護受給者を相手にするため、かなりハードな仕事といえますが、残業は全く無いようで有給をすべて消化してる人がほとんど・といった感じです。

しかし、受給者のお宅に訪問するため、孤独死の現場に居合わせたり(遺体を見ることになったり)、受給者に犯罪容疑がかかっているため警察に呼ばれて事情聴取をされたなど、かなりぶっ飛んだ経験をすることもあるようです。

ほかにも、受給者が隠れてバイトをしてないかを調査するために尾行するといった探偵めいたこともするようです笑

 

ケースワーカー(CW)って出世コースなの?

これは自治体にもよると思いますが、CWは出世コースであるといえます。

よく若くてしっかりしている新規採用職員がCWに配属されますが、この職員のつぎの職場は高確率で激務の出世コース部署であることが多いです。

公務員の世界では、激務の部署(財務系や人事系)が一般的な出世コースなのですが、出世コースにいる職員が過去CWだったと言う例はよくあります。

また、ずっと出世コースだった職員が係長に昇級した際、スーパーバイザー(係長CWは一般的にスーパーバイザー(SV)と呼ばれるます)に異動することもあります。SVの職員はかなりエリートだと思います。

 

最後に

CWの仕事内容は確かにハードですが、勤務時間等から考えると、それほどのような印象です。

また、CWが受給者のお金を握っていると言う点から、あまりCWに対して強く出るという輩もいないようですね。